働けないときの手当です

女性

うつ病の人も貰えます

うつ病が原因で働けなくなったときに支給されるものに、うつ病傷病手当があります。うつ病傷病手当は仕事をしていたときの給料の3分の2の金額を受け取れます。ただし、永続的に貰えるわけではない制度で、最大の受給期間は1年6か月です。しばらくの期間は生活費の補填になりますが、支給期間が終了した後のことも考えておくべきでしょう。支給されている期間中に復職した際には、一時的に支給が停止されます。その後に再び欠勤した期間にもうつ病傷病手当を受け取ることが可能になりますが、その場合には最初に支給が開始された時点から1年6か月が経過すると支給が停止します。うつ病傷病手当には時効が設定されていて、休職や退職をしてから2年以内ならば申請を行えます。傷病手当の受給が認められるには、医者が労務できないと判断することが条件なので、できる限り早く申請を行うことがおすすめです。あまりにも期間が経過してしまうと、医者が書類を作成してくれないことも考えられます。申請書には会社に記載してもらう項目もあるので、職場との交渉もしなければなりません。

傷病手当金は身体的な怪我に限らず、精神疾患も含まれるためにうつ病の人も申請できます。うつ病傷病手当を貰えるのは、業務以外の理由で病気を発症して仕事を休んでいる人が該当者です。業務中や通勤中の何らかの事故などが原因の際には、労災保険の対象になります。自宅で静養している状況でも、自費で病院に通っている状況でも、仕事ができない事由を医者が証明すれば受け取る権利が発生します。傷病手当金の申請書に医者の証明があれば、診断書を提出する必要はありません。うつ病傷病手当を受給するには申請書を提出しなければならず、会社から貰うか役所のホームページからダウンロードできます。医者の意見書と事業主の証明が必要で、会社を休んでいる期間を証明します。受給の最長期間である1年6か月を終了していなければ、仮に会社を退職しても残りの期間受給できます。退職後でも手当を継続して受け取るための要件は、1年以上被保険者であることや資格を喪失するときにすでに傷病手当金を受け取っている人に限ります。

Copyright© 2019 仕事を休む間、お金に困らないよう申請しましょう All Rights Reserved.