休職中に必要なお金を確保

女性

給付の申請を満たす条件

職場環境の悪さや人間関係のストレスなどで、うつ病を発症する人が年々増えています。休みたいけれど長期間休むと収入が得られず、かといって仕事を続ければさらに症状が悪化するという人も多いでしょう。そんな時はうつ病傷病手当をもらいながら、しばらく仕事から離れることをおすすめします。うつ病傷病手当とはうつ病で休職した際に、治療にあてるための費用や生活費として使うための大切なものです。職場環境や人間関係が良好であれば必要が無かったはずのものを、意に反して受け取らざるを得ない状況になったのですから、引け目を感じることなく申請してかまいません。正社員でなくとも条件さえ満たせば、派遣社員や契約社員、パート社員にアルバイトも申請することが可能です。支給条件となるのは、まず療養担当者が職務に就けない状態であると判断した場合です。さらにうつ病の療養のために連続して3日間休み、4日目以降も仕事に就けない場合が該当します。また休業している期間内に給与の支払いが行われない場合も、うつ病傷病手当の対象となります。

うつ病傷病手当は支給が開始された日から数えて、最長で1年6か月までという期限が定められています。仮にこの期間中に状態が良くなって復帰したけれども、しばらくして再度休職することになった場合も1年6か月の期間が延長されることはありません。復帰しないまま支給期間が過ぎ、引き続き療養が必要であったとしても期限が来れば終了となります。企業によってはうつ病で休職することになった社員に対して、休職中も一定金額の給与を支払うところがあります。しかし金額は企業独自の裁量で決められるため、うつ病傷病手当よりも少ないケースも多いものです。もしも療養期間中に支払われる会社からの給与がうつ病傷病手当よりも少ない場合は、うつ病傷病手当を申請することで差額分を受け取ることが可能です。うつ病の程度は人によって違いがあり、頻繁に通院が必要な人もあれば自宅療養で良い人もいます。うつ病傷病手当は仕事継続が不可能と診断されている場合、自宅療養の期間についてもれっきとした支給対象とみなしています。

Copyright© 2019 仕事を休む間、お金に困らないよう申請しましょう All Rights Reserved.